スポンサーリンク
【オススメ記事(外部記事)】
スポンサーリンク

シベリアの道路脇で保護された猫 四肢切断もチタン製の義足で元気な姿に

この記事は約3分で読めます。

 Twitterに投稿された猫の動画。よく見ると四肢の先端が無く、代わりに先の丸くなった棒状のものがくっ付いています。動画を投稿したtasha(@phootahh)さんによると、「冬のシベリアの道路脇で保護された猫で、四肢切断するも3Dプリンターで作った義足を付けて 現在は歩いたり走ったり」と回復し元気な様子を見ているそうです。

 動物が傷ついたり、辛そうな場面を見るのは非常に辛いので、こうやって元気になってくれて本当によかったです。

<以下、Twitterからの反応>

元気に長生きしておくれ。

コメント一覧